参加者の声

参加者の声
人生が輝きだした受講生の声
受講生大口美樹さんの声

受講前
受講後
大口美樹さん(愛知県)
【エグゼクティブ第一章】
【マナー美人塾】
【女磨き☆ココロ磨き】
など受講生

生きている間に生まれかわれる!『奇跡』が続く秘訣

◆「お父さん」として必死で働くシングルマザー。大病で倒れる

私は、娘を一人で育てているシングルマザーです。学歴や能力が高いわけでなく、社会的地位もなく、そして見た目も全く気にすることなく、気にする暇もない必死に働く母でした。


私の仕事は「パートタイマー」から始まりました。次に転職した会社で創業社長の秘書になり、必死に社長についていく日々。自分に全く自信がなく、落ち込んで泣いていることのほうが多い毎日でした。とにかく私は「人の2倍努力をして、会社に貢献できる人材になろう!」と思い、休みをほとんどとらない月もありました。土日も娘を会社に連れていったこともあります。


そんな中、2011年、私は軽度の脳こうそくになりました。当時、脳こうそくになったからといって、仕事を休むという選択すら考えられないくらい仕事をしていました。


服薬治療だけで仕事をつづけ、病気になる前よりさらに自分に厳しく仕事を続けました。その結果、今度は生理の出血が止まらず、大量出血で救急車で運ばれ、即入院。一か月入院し退院してから、ふと自分の人生について考えました。
「このままでは私、死んでしまうかもしれない」・・・

◆井垣先生の本と出会い。「場違い」と思いつつ、シェリロゼの講座へ

退院後、これまで読んでいた硬いビジネス書でなく、ふと「女性のコーナーに行ってみよう」と思って見つけたのが、井垣先生の本『女磨きの心得』だったのです。本は一気に読み終えました。そして、最後に載っていた井垣先生の写真を見て「名古屋出身の人で、名古屋でも講座があるんだ!きれいな人、会いたいな」と思いました。


そこでホームページを見て、名古屋講座をチェックはしていましたが、なかなか申込みまで勇気が出ません。ホームページに載っている人達は皆きれいでキラキラしていて、とても私なんかが行ける場所でない・・・と思ってしまったからでした。


でも「1回だけ、行ってみよう」と思い、自分にお金をかけることに罪悪感をたっぷり持ちながら、参加を決意。そして、初めてシェリロゼの講座に参加したのは、2012年7月、名古屋の【女磨き☆ココロ磨き】講座でした。(※【女磨き☆ココロ磨き】は、2019年で終了)


受講前の私は、着る洋服も気にしない生活で、オシャレの仕方も分からない。お化粧は試供品を使っている状況だし、髪形も短髪(ショートヘアというオシャレな髪形でなく)で、自分のみっともなさに、泣きたくなっていたことを思い出します。それでも、何とかできるだけ明るい色の(ゴムの)スカートをはいて、「場違い」と思いつつ名古屋の講座へ。

◆キラキラの講座を初受講。私もこんな女性になりたい!

初めて参加したシェリロゼの講座には、案の定キラキラした女性がたくさんいて、私はびっくりしました。本当に文字通り「びっくり」です。「どうして、こんなにキラキラしてるんだろう」と。


ところが、参加する前は、自分のみっともなさが恥ずかしかったのに、参加してキラキラな女性に囲まれていると、どんどん居心地が良くなり、自然と「私もこんな女性になりたいな」と思いました。


初講座が終わったあと「もう少し通ってみよう」と決めて、引き続きシェリロゼの講座に通うことにしました。「お金がない」と思いこんでいましたが、何とかやりくりできて、とにかく受講料だけは確保。洋服などは後でいいや!と思ったのが正直なところです。


最初の頃、井垣先生のお話は私にとって『宇宙語』で、意味を理解できていないのに聞いただけで「すごく自分が変わったような気がする!」と大満足していました。でも、井垣先生のお話を「聞いただけ」で大満足しないで、聞いて実践して分からなければ、指摘をしていただき、努力&行動を続けるようにしました。すると『宇宙語』が、徐々に自分の中に溶け込んで、身についてくると実感したのです。

◆「自分が好き」になり、一人娘と人生が好転し始めた

私は、娘が中学2年の頃からシェリロゼの講座に通い、講座で学んだことをメモして家に張り付けたり、娘に話をしていました。それによって確実に、娘にもプラス思考の基礎ができていきました。


会社では、役職をいただきました。それまでの努力が認められたようで自分をほめたくなり、そして「自分が好き」になりました。「自分を好き」になると、支えてくれている会社の人たちに、心から感謝の気持ちを伝えたくなります。


講座で教わった通り、発する言葉、行動、特に笑顔に気を付けて過ごすうちに、周りの対応が大きくプラスに変わり出しました。会社の人間関係がどんどん良好になりました。講座に通い続けることで、心をこめて仕事をするようになり、周りに深く感動することが増えてきたのです。

◆娘が東京の難関大学に現役合格! 学費援助など『奇跡』が始まる

娘が高校3年になった時。シングルマザーで、家の経済状況を心配していた娘は、入学時は就職希望でしたが、突然「東京の大学を受験したい」と言ってきました。志望大学が東京の難関大学だと聞いてびっくりしました。娘が通っていた高校は、進学校ではなく「入れそうな大学」を指導するという高校だったからです。


娘の志望大学名を聞いた先生方からは、当然「難しい」と言われました。模擬試験も合格圏外の「E判定」でした。しかし私は、一度も娘に「難しいからあきらめたほうが良い」とは言いませんでした。娘の人生なので、自分が選んだ道で精いっぱい挑戦すべきだと思いました。また「娘の夢実現を応援できる親でありたい」と気持ちを強く持っているからです。


これも井垣先生から学んだプラス思考が大きく影響していて、私と娘は大学の難易度については、何も問題にしていませんでした。ただ、娘は東京の私立大学を希望しており、内心、私は「合格した後、学費はどうしよう?」と少しだけ不安でした。


そして年が明け、センター試験を迎える頃、娘の顔が一気に闘う顔つきに変わりました。「本当に、希望の大学に受かるかもしれない」そう思っていた時、親戚で「娘の大学進学の援助をしよう」と言ってくれる人が現れたのです! 本当に驚きました。このタイミングで援助のお話をいただけるとは、まさに『奇跡』だと思いました。


娘は無事に、志望大学に現役合格! この合格も『奇跡』だと言われますが、それも、娘のプラス思考と努力の結果が引き寄せたものだと確信しました。

◆パートタイマーから『会社役員』へ昇格! 本を出版し【講演会】の依頼まで

2017年、私の会社は、私に仕事を厳しく教えて下さった恩人である創業社長から二代目に替わりました。その時に、会長(当時社長)から「娘を支えてほしい」と『役員』になる昇格のお話を頂きました。


パートタイマーから始まった私の仕事人としての人生に『奇跡』が起こり、700人の従業員を抱える会社の役員となり、新社長を支える新しいステージが幕を開けたのです。


昇格と同じタイミングで会長に「秘書の立場から見た創業者の姿、経営者の考え方という視点で本を出すので、力を貸してほしい」と指示をいただきました。始めは、会長のお名前で出版される予定だったのが、「これは大口さんの名前で出したほうが、これからの女性活躍の時代にふさわしい」と話が進み、私の名前での出版となったのです。


私は「いつか、自分の名前で本が出したい」という夢は持っていました。こういう形で夢が叶い、私の仕事人生をまとめた本を出せたのは、本当に『奇跡』だと思っています。さらに一流百貨店で本のトークショーをしたり、2019年には市から【講演会】の依頼を頂いたりしています。昔の私には考えられない『奇跡』ばかりです!


これからも、笑顔でワクワク目の前のことに取り組んで、『奇跡』を起こし続けたいです。講座のクラスメイトと人生の登山をし続けて、私のようなシングルマザーに良い影響を与えられる存在になっていきたいと思っています。


☆∵・∵・∵・☆∵・∵∴・☆・∵・☆∴・∴・☆∵・∵・∵・☆


以上が、井垣先生に出会ってから私に起こった主な出来事です。もっと色々なことがありますが、多すぎて書ききれません(笑)。今も私は、東京講座と名古屋講座で、予定が合うほうに参加しています。シェリロゼの講座でお会いできた方には、直接お話をさせていただいています。


シェリロゼでプラス思考を学ぶことで、人生が大きく変わったことは事実です。でも、プラス思考を学んだからといって、人生にバラ色のことばかりが起こるわけでもありません。もちろん大変なことも起きますが、自分の中に『軸』ができたので、自信と自由をもってワクワク楽しく生きています。


以前は病気で苦しい中で仕事をしていたこともありますが、正直言って、今のほうがもっとハードに仕事をしています(笑)。ただし、健康で、笑顔で楽しみながら。


一人でも多くの方に私のお話が伝わればいいな、と思いペンをとりました。長文をお読みいただき、有り難うございました。読んでくださった方と、実際にお会いできることを、楽しみにしています。


井垣先生、シェリロゼで一緒に学ぶ仲間たち、スタッフの皆様、働く場所を与えて下さった会社の皆様、娘と母に心より感謝いたします。 大口美樹



PAGE TOP